クレンジングオイルの丁寧な使用方法について

クレンジングオイルの丁寧な使用方法について

クレンジングオイルを正しく使えていますか?

ニキビ、乾燥、かゆみなど、普段のスキンケアが間違っていると肌トラブルは起きやすくなります。特にクレンジングオイルをどう使うかは美肌を保つための重要なポイントです。

クレンジングオイルの性質をしっかり理解して正しく使っていきましょう。

クレンジングオイルとは?

クレンジングオイルとは、洗顔前にメイクや肌の皮脂汚れを落としてくれるクレンジング剤のことです。クレンジング剤にはオイルタイプの他にミルクタイプやジェルタイプなどがありますが、中でもオイルタイプは洗浄力が一番強くなっています。

オイルタイプのクレンジング剤はすべりも良く、特にマスカラやアイラインなど落ちにくい目元のメイクもすっきり落とせるので使っている人は多いようです。

クレンジングオイルでメイクが落ちる仕組み

クレンジング剤には“界面活性剤”という成分が入っています。界面活性剤は“混ざり合わないもの同士を混ぜる”という性質を持ち、肌の皮脂汚れやメイクを浮かして落としやすくしてくれます。この界面活性剤がクレンジングオイルには多く入っているため高い洗浄力を実感できるようになっています。

クレンジングオイルのデメリット

クレンジングオイルは強い洗浄力で落ちにくいメイクを落とすのには非常に優れていますが、実はそれがデメリットにもなってしまうんです。

メイクを落とすとき長時間クレンジングしていたり力を入れてこすり過ぎると肌に必要な油分まで落ちてしまい、肌の潤い不足を引き起こしてしまいます。乾燥肌の根本的な原因はクレンジングや洗顔のし過ぎにあります。洗浄力が強いオイルタイプだからこそ使用する時は注意しなければなりません。

正しいクレンジングで潤いのある肌へ

メイクや皮脂汚れが残っていると毛穴に皮脂や汚れが詰まりやすくなり、ニキビや肌荒れの原因になります。ですがクレンジングのし過ぎも乾燥や痒みの原因に…。

そういった肌トラブルを少なくするためにはクレンジングオイルを正しく使う必要があります。コツは“短時間で、優しく汚れを浮かすこと”です。

頬や顎など乾燥しやすいところは特に優しく、あまり時間をかけないようにクレンジングしましょう。メイクの落ちにくい目元や鼻・おでこなどのテカりやすいところは優しくクルクルと円を掻きながら少しだけ念入りに、汚れを浮かせるイメージでクレンジングしてください。

クレンジングオイルを正しく使ってトラブルのない肌にしていきましょう!

↓CALMのクレンジングオイルについてはこちらの記事で紹介しています。↓

CALM(カーム)クレンジングオイルを実際に使って口コミレビュー

そのやり方間違ってない?クレンジングオイルの丁寧な使用方法とは?

クレンジングにオイルタイプを使っている人は多いのではないでしょうか。肌馴染みもよく、濃いメイクも落としやすいですよね。ただし、オイルクレンジングはメリットだけではありません。使い方を間違えてしまうと肌にダメージを与えてしまうことになります。

そこでここでは肌に負担をかけずにしっかりメイクを落とすことができる、オイルクレンジングの丁寧なやり方についてお伝えしていきます。

クレンジングオイルの丁寧な使い方 メイクオフ編

・指先でクレンジング
手のひら全体でクレンジングすると力が入って肌に負担がかかってしまいます。またせっかく浮いてきた汚れが毛穴に再び詰まってしまい、クレンジングが台無しになってしまうことも…。指先にクレンジング剤を適量取り、外側に向かって小さく円を描くようにクルクルと動かすようにしてクレンジングしていきましょう。

・力を入れない
クレンジングする時は皮膚を動かさないようにするのがポイントです。指先が肌に触れるか触れないかくらいの力で、肌の上に乗っているメイクをオイルと一緒に浮かすのをイメージして行いましょう。

・鏡を見ながら!
クレンジングする時は必ず鏡の前で、汚れが残っていないかチェックしながら行いましょう。特に目元はメイク残りが多い場所です。落ちにくい場合は綿棒を使う、アイメイク専用のリムーバーを使うなどしてしっかりメイクが落ちているか確認してください。

クレンジングオイルの丁寧な使い方 すすぎ編

・乳化
オイルクレンジングは油分が多いため、いきなり洗っても全部落とし切れずに毛穴に油分が残ってしまいます。クレンジング後は3~4回に分けて少量のぬるま湯を肌の上のオイルに馴染ませ、油分が白っぽくサラサラの状態になってから顔全体をすすぎましょう。この油分と水が混ざって白っぽくなることを“乳化”と言います。オイルクレンジングのすすぎに乳化は必須です。

・ティッシュオフ
乳化の他にも湿らせたティッシュで軽く押さえてクレンジング剤を落としてから洗顔するという方法もあります。この方法はオイルタイプ以外のクレンジング剤の時に使用するのもおすすめです。

クレンジングオイルの丁寧な使い方 まとめ

メイクオフする時は優しく力を入れずに“メイクを浮かせる”ということを意識するのが大切です。またすすぎのときは“いきなり洗わない”こと!クレンジングもスキンケアの一部です。

肌をいたわり、そのあとのスキンケア効果をアップさせるためにも、ぜひ正しい方法で丁寧にクレンジングをしてみてくださいね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする